Team-K

Team-K 第3回ブロック例会(8月)


(株)アームプロパティの古賀社長の登場です。

古賀社長は、大学を卒業後大手の不動産会社に入社されました。その後独立されました。

古賀社長の会社の特徴は不動産会社でありながら、店舗なし、営業マンなし、来店なしの特徴のある経営をされています。

 

 

市場の先を見抜く眼での物件の仕入れや、安心、安全をモットーにお客様のことを考えて経営をされて紹介を多くいただいています。

 

企画力と信用力とお客様重視がキーワードです。

 

 

福友支部 7月例会


7月15日は福友支部の支部例会でした。

今回のテーマはチャレンジ精神がオンリーワンへ通じる道 担当ブロックはTeam-K

報告者は若手の弁護士の経営法律事務所北斗の田畠弁護士

司会の菊地さんから開会宣言が行われいよいよ例会開始です。

 

開会宣言の後は、同友会3つの目的を全員で唱和

 

 

支部長挨拶へと続きいよいよ本番です。

 

 

田畠氏は若手の新進気鋭の弁護士さんですが、

 

通常の弁護士業務は、依頼者の状況をマイナスから0に戻す仕事であり、厳密に言えば0まで戻らない。

 

自分は0から1を作る仕事、現在あるものをさらに+にしていく仕事をしていきたいと、

 

従来の弁護士像とはことなる独自な考え方を披露されていきます。

 

原点は実家のうどん屋での幼少期の体験がベースにあり

 

坂本龍馬の話が出たりと、分かりやすく自分の今までの軌跡やこれからの展望を熱く語られていきます。

 

グループ討論へ

 

今回はグループ討論テーマが少し討論しにくかったかなあ・・・全体的に雰囲気がやや重い(座長反省)

 

 

でも発表者が若手で話の内容も軽快で分かりやすかったので、個別のテーブルではこんな感じで和気あいあいと討論を楽しんでいただきました。

みなさんの笑顔が素敵です。

 

こんな方も・・・・

 

 

最後は座長のまとめ

 

 

終了!みなさんお疲れさまでした。

 

懇親会は報告者の田畠氏が仕事で残念ながら欠席

 

でも和気あいあいと同士の語らいが夜遅くまで続きました。

 

 

Team-K プレ例会


7月1日(金)天神パークビルでTeam-Kのプレ例会を開催しました。

 

7月15日(金)の支部例会での発表予定者であります、弁護士の田畠 光一氏

(経営法律事務所 北斗)の例会発表予定の内容をブロック外の皆さんに聞いていただきました。

 

話の進め方や、人間田畠氏についてや、話、本編の内容など多岐に渡って良い意見をたくさんいただきました。ありがとうございました。

 

皆さんのご意見を盛り込みながら、再度内容のブラッシュアップをはかり、本番には参加した方も、田畠氏自身、それと私と三者にいい学びができるようなさらに洗練された内容にします。

 

プレ例会に参加された方は勿論プレ例会に参加されていない方も是非15日の本番はご出席ください。

 

 

 

Team-Kブロック役員会


7月例会に向けて、23日18:30から 深見社長の会社の会議室をお借りしてブロック役員会を行いました。

 

7月の報告予定者の弁護士の田畠さんを交えて、いい7月例会ができるように担当副ブロック長を始めいい意見や考え方が多く披露されました。

 

7月例会が楽しみです。

 

 

 

 

第2回Team-Kブロック例会(6月)


今回は21日(火)に株式会社カクマルにお邪魔させていただき、社長の曽根田社長のお話を伺いました。

 

曽根田社長は二代目社長でありますが、先代のお父さんが創業された材木屋を測量機器メーカーに業態変化を試み、売り上げ・利益とも大幅に延ばされ今の会社の礎を築かれたいわば二代目創業者です。

 

 

例会の場所は曽根田社長の会社のミーティングルームで12名の参加者でした。

 

開口一番、

皆さん経営の話でよくお客様第一主義という言葉を聞きますよね。お客様が一番大切にするのが商売の第一だと、私は最近それは間違いではないかと思うようになりました!とのっけから、みんなを唖然とさせるつかみで例会はスタートしました。

曽根田社長曰く、従業員の会社に対する満足度が高くないと絶対に顧客満足はさせられない、だから顧客第一主義が最初にはこないという話でした。

 

株式会社カクマルでは、S級からF級まで六段階に分ける社員の評価制度が確立されており、社員さんが、きちんと成果が出せればきちんとそれに見合った報酬を出す成果主義をとられている。

同時に賃金だけでなしに、労働基準法に則った有給休暇もきちんと付与して、休みも十分とれるシステムを作っています。曽根田社長自身が飲み事が大好きだったり、時にはウッドベース奏者であり、またある時は、颯爽とハーレーを操るなど多趣味な経営者でもあり、よく遊び、よく稼ぐを信条とされている経営者です。

 

どうすれば儲かるか?

当たり前のことを当たり前にやっているだけでは、当たり前にしか儲からない

だから自分は常に、その当たり前に思えることに工夫をし続けてきたしこれからもそうする。どうすればいいか24時間365日考え続けるとある日突然にひらめく

やはりこの並々ならぬ集中力と持続力が曽根田社長の凄さです。

 

 

座右の銘は「勝つことあるのみ!」

己に勝つ!

敵に勝つ!

誘惑に勝つ!

パワフルな例会でした。

曽根田社長ありがとうございました。