好奇心探求

好奇心探求ブロック

好奇心・探究ブロック 2月例会 ”魚住 謙介氏”


好奇心・探究ブロック 2月例会は魚住謙介氏の報告でした。

氏は自動車ディーラーでの勤務を経て、26歳の時に先代の死去により事業を継承されました。カメラとの出逢いは北海道で過ごした大学生生活だったそうです。「美しい景色を撮りたい」そんな普通の動機から始まり、趣味の域を超えのちに「業」へと発展していきます。

事前のインタビューでは、「味の魚住」のこだわりや撤退を決断するまでの苦悩、またユリシーズ展開前の挫折についてなど、長時間お話しを聞くことができました。今回の報告ではユリシーズへの思いを中心に構成していただき、参加者がブランディングやファン獲得へのヒントを持ち帰っていただける内容だったと感じました。

ご自身の価値観を信じ、その価値観に妥協しない製品を世に出す、そしてその製品が支持されるストーリーは氏の饒舌な語り方と実績により、とても心地の良いものでした。

今回は、オフィスのある「はかた近代ビル」の1階貸会議室で開催したことで、オフィスの見学→報告→地下飲食街で懇親会と移動時間が無いことで、結果活発な質疑応答も時間いっぱいまで行うことができました。

当ブログではご参加いただけなかった会員さんのために、報告時に使われた資料の一部を画像にて添付することを魚住謙介氏より承諾いただきましたのでアップさせて頂きます。
CIMG0076CIMG0088
CIMG0100CIMG0103

 

CIMG0107CIMG0109

 

CIMG0130CIMG0132

 

CIMG0135CIMG0136

 

CIMG0155CIMG0164

 

CIMG0165CIMG0170

 

 

好奇心・探究ブロック 11月例会~SOCIAL総合司法書士事務所 丸田幸一さん~


好奇心・探究ブロック11月例会は、SOCIAL総合司法書士事務所の代表司法書士・丸田幸一さんの報告でした。

会場は新・光ビル2階会議室で、他ブロックからのご参加も頂き、丸田さんのユーモアを交えた報告にみなさん聞き入っておられました。

過去2回ブロック例会で報告なさったそうですが、2回とも法律相談的な内容だったとのこと。今回は身近な法律専門家である司法書士のお仕事そのものと、丸田さんご自身の信念に満ちた経営の一端に触れた気がしました。

「社会の役に立つ仕事がしたい」という想いを表した「SOCIAL(ソーシャル)総合法律事務所」は登記業務はもちろんのこと、『日本の新しい法律家』として「紛争解決の技術」と「信頼関係の構築の人格」を磨き、リーガルメンタルケアと称した係争事案の勝ち負けだけでなくその後のフォローまで行うなど、司法書士業の一般的イメージを凌駕したお仕事ぶりとお見受けしました。

6年間続けてこられた、市民公開無料法律セミナー「法科村塾」も歴史タイムを交え、根強いファンをお持ちの証拠と感じました。

所内においてもスタッフの有給完全強制消化を実現するなど、参考になるお話がたくさんお聞きできました。

終了後は福ビル地下の天神御膳屋に場所を移し、法律相談も交えての楽しい一席となりました。DSCN9882

好奇心・探究ブロック5月例会


5月好奇心・探究ブロック例会は、副ブロック長でもあられます、㈱エンジェルシェアの松井さんをご訪問させて頂きました。

松井さんは、大学在籍時より、車に興味を持たれ、ラリー等に出場されるなど、活発に活動されておられました。その後は、地元のIT企業に就職後、上京し、某商社へと進まれます。そこでは役員までなられ、任期満了のち、退職されます。その後は福岡に戻り、御縁があった書店が新規の車事業をされるとの事で、そちらに転職されます。そこで、FC展開、車業界のあらゆる事を、身につけて独立。現在の㈱エンジェルシェアを設立されます。

写真 4
車の修理、板金に関して、保険を使うのがよいか、自費で支払った方がよいか、また、修理方法もいろいろな提案ができるとして、お客様、また保険代理店の方々にも、信頼のおける会社として、日々業務をなさっておられます。

独立前の一般企業で学んだ事の一つとして、各人のモチベーションを上げるのは諸手当であり、なんと赤字決済でも固定のインセンティブを支払うそうです。また案件をもった社員がすべての決裁権を持ち、スピード化も図っておられます。さらに提携の工場のレベルアップを図る一貫として、工場の人間と現場に同行し、状況を共有化されておられます。これにより、強いチーム体制を作ることができるそうです。

会社の名前の由来にもつながる、すべてのステークスホルダーを「天使」と位置付け、感謝の気持ちを忘れず、奉仕する会社として邁進し、サービス業として必要な顧客ニーズを捉え、第三者の立場になって、お客さまのより良い提案を行っておられます。また最低限の会社運営をする以外にお客にサービスを特化するといった大胆な、企業方針により、毎年、売上も上昇しておられます。サービス業の本質を得た経営をなさっておられると感じました。
写真 1

懇親会は、社員の方々も参加して、有意義な話も出来、初回のブロック例会を終える事が出来ました。