古賀・立花山のご報告


7月12日(日)福岡県・古賀市にある、立花山に「登山部」で登ってまいりました富士山

会員交流セクションのブログ
 新メンバーに、池邉さん(キャリアパス)と社員の方、筑前さん(九州プロレ 

 ス)とご家族をお迎えし、総勢15名の登山となりましたラブ

 この日は、週間天気予報はameでしたが、相変わらずのお三方が出席だっ

 たので、「絶対雨なんか降らないよ!」って、密かに思ってましたら、太陽。恐るべし・・・は○男衆。

しかも、その3人の中に無謀なチャレンジャーがおりまして・・・・会員交流セクションのブログ

自宅の周船寺からなんと、古賀まで自転車自転車で来られていましたすげ~

「ううう・・・太ももがつる・・・・怒」とまだ、少ししか登ってないのに
すっかり汗びっしょりで、お子さんがいらっしゃったこともあり、ゆっくり休憩を取りながら、自然の恵を堪能しましたキラキラ

そして、今回の立花山のメインはモチロン上げ上げ大クス。

会員交流セクションのブログ
  樹齢推定300歳以上。
  幹間785CM、身長?30メートル。会員交流セクションのブログ

 いや、ほんtすごいですよね。

 この大クスが、江戸時代からずぅぅ  っと私たちの福岡を見守って入れて いたようにすら感じます。

戦争時の空襲もあっただろうに・・・なんて感慨深く思っておりました。

大きくて、太くて、あったかくて・・・・

ん?なんかこれ以上はコメントやめときます笑

ということで、自然のありがたさに、「生かされてる」と実感した我々は、

いよいよ、おべんとうおにぎりが食べれる山頂へと向かいました!

山頂はまた、見晴らしのいいことキラキラ

福岡市が一望でき、会員交流セクションのブログ
なんともいえないさわやかさ**yumi**
 

山登りって本当に最高キラキラ会員交流セクションのブログ

と思えるのが、この山頂のひととき。

風がとても気持ちがよくて、なんともいえない、達成感。

このような機会を与えていただき、本当に感謝します。

そして、山頂で食べるお弁当は、また、ひとしおの美味しさWハート

ということで、我々「登山部」にとっては、山登り・・・というよりハイキングだった、立花山。

登ったら、もちろん下山しなければなりません。

今回は、下山もラクだわ~なんて思っていたら・・・・

会員交流セクションのブログ

 このズボンのお尻が泥だらけの後ろ姿。

 日本の法律が整えられ、「個人情報保護」のもと、お名前の公表 

 はできませんが・・・

   「しりもち3回ついたバイ!!!!」

いやいや、前日雨だったこともあり、また、ロープ付きの道なき道が多く、大変苦戦いたしました涙

さすが、「登山部」バスの運転手さんが勧める、下山ルートでしたダッシュ

会員交流セクションのブログ

無事下山のあとは、もう一度パチリカメラ

若干疲れは隠せませんが、「無事下山できたば~い!」をしました笑

~山登りをこよなく愛するメンバーたち~

登山部長田中さん(田中凸版)、高田さん(富士産機)、山口さん(山口木工所)、中村(ク)さん(山田屋)、松尾さん(3concept)、池邉さん(キャリアパス)、と社員さん、谷口さん(センシャ)、田中さん(Season)筑前さんと奥様、ご令嬢(7歳)&ご子息(3歳)、バスの運転手目野さん(サンパック)と今回はバスの運転手をしました太田の総勢15名でした。

ということで、やっぱり帰りはバスで帰りたい、と自転車自転車をバスに積んで、新宮の「鶴の湯」でゆっくり温泉につかり、懇親会も予定されていなかったので、さぁ、ゆっくり家路へと・・・・

と思いきや!!
なんだか、温泉併設の居酒屋が始まってお店のかわいい女の子を皆でナンパしてるではありませんかなっ・・・なんと!
15時だったけど・・・・やっぱり、ビールをしっかり飲んで打ち上げをしてしまいましたぺこ

次回の登山部は・・・・そこに山があるから・・・・

ということで、8月23日 糸島富士ともいわれる「可也山」に登ります富士山(初夢)

改めてインフォメーションいたしますが、ぜひ皆さん一緒に登りましょうWハート

                                    (文責:太田)

古賀・立花山のご報告 への1件のコメント

  • seasontravel より:

    1 ■楽しみです!
    ブログアップご苦労様です。
    本当市内から30分でこんなに素晴らしい
    原生林の山があるなんて感動しました。
    来月に可他山も楽しむです。お天気になりますように!!
    http://ameblo.jp/seasontravel

コメントを残す