パワーアップアカデミー 第6講


1月21日(水)、パワーアップアカデミー第6講が行われました。

パワーアップアカデミーは同友会の冊子「企業変革支援プログラム」の内容を深める勉強会です。

毎回テーマに沿った専門講師の方をお呼びし、講義とグループディスカッションで内容を深めていまます。

 

いつもは納富特命講師によるアイスブレイクからスタートさせていただきますが、今回はこの方がアイスブレイク担当を務めてくださいました!

20150121_183533

↑ 中村担当副支部長による「タイルのアイスブレイク」です!!

指を使ったアイスブレイクで頭が柔らかくなったところで勉強会スタートです。

 

今回の講師はこちら!

20150121_185524

↑ (株)クロスアビリティズの安藤小百合さんです。

安藤さんの会社は主に就業支援を行っています。

仕事が欲しい人にはお仕事を、人が欲しい会社には人を紹介しています。

また再就職のためのスキルアップとして職業訓練も行っています。

 

安藤さんは仕事柄、仕事を辞めて新しい仕事を探している方とお話することが多々あります。

仕事を辞める理由としては「仕事のやりがいがない」、「給与などの条件が合わない」、「体調不良」などいろいろありますが、辞める理由のほとんど、70~80%が「(上司や同僚との)人間関係」だそうです。

相手とのより良いコミュニケーションを築くことができるように、安藤さんは再就職を希望する方へのセミナーで「優位感覚チェックシート」というシートを使って、まずは自分の持っている感覚を知り、他の感覚を持った人との違いを知ることから始めています。

優位感覚は以下の4つです。

・視覚優位

・聴覚優位

・身体感覚優位

・言語優位

 

そしてこちらがチェックシート。

20150121_193044

↑ 質問に答えていくだけで、自分がどの感覚を強く持っているのかが分かります。

私たちもやってみて、同じ優位感覚を持った方とグループになってみました。

 

こちらは一番人数が多かった<言語優位>の方々。(↓)

20150121_194402

特徴としては「論理的かどうかがとても大切。人の話には筋道が通っているか、理にかなっているかどうかに関心を示す。冷たい印象に見えることもある」だそうです。

 

そして<視覚優位>の方々。(↓)

20150121_194408

特徴は「視覚で捉えているため考えているスピードが速い。見ればわかるタイプです。思考を画面にして考えるので、話の進みが早い」だそうです。

 

そして<聴覚優位>の方々。

20150121_194412

特徴は「話せばわかると思いがち。相手の声のトーンに敏感、声の大きさや調子に注意」です。

 

最後に、写真はありませんが<身体感覚優位>の方は3名いました。

特徴は「情熱的に身体感覚を使った(温かい、ドキドキする、手触りなど)言葉で説明することが多い。言語優位な人には伝わりにくいテンポ」だそうです。

 

同じ感覚を持った方とグループディスカッションをして、そのあと出た意見を発表しました。20150121_20112820150121_20124720150121_20143020150121_201620

自分とは違う優位感覚の人の特徴を知ることができ、とても楽しい発表になりました!

 

次に、クロスアビリティズの中井さんより、「傾聴」についてのお話を伺いました。

20150121_202251

「話を聞けない人」の聞き方と、「話を聞ける人」の聞き方を、それぞれ参加者の方に前に出てきてもらい実演してもらいました。

20150121_20270920150121_202847

「傾聴」で大事なのは、以下の3つ。

・繰り返し

・うなずく

・まとめる

早速意識してやってみようと思いました。

 

最後にコミュニケーションを取るのに一番してはいけないこと、相手の言葉に全く反応しない「石になる」を実演してもらいました。

20150121_203649

↑ 橘さん、早田さんの話をそっぽむいて聞いています。

しかし・・・

20150121_203620

↑ 早田さんの強烈なアプローチに思わず笑ってしまいました(笑)

 

今回は本当に笑いの絶えない楽しい勉強会になりました。

懇親会でも優位感覚の話は続き、自分の優位感覚の特徴を自慢したり、相手の優位感覚の特徴を貶したりと、熱いバトルが繰り広げられていました。

ご参加くださった皆さん、本当にありがとうございました!

 

次回は、2月17日(火)18時半から、GGソーラービルで行います。

講師は、(株)タウンズポストの飯田剛也さんです。

「金儲けより人儲け」のテーマで行います。