好奇心・探究ブロック 2月例会 ”魚住 謙介氏”


好奇心・探究ブロック 2月例会は魚住謙介氏の報告でした。

氏は自動車ディーラーでの勤務を経て、26歳の時に先代の死去により事業を継承されました。カメラとの出逢いは北海道で過ごした大学生生活だったそうです。「美しい景色を撮りたい」そんな普通の動機から始まり、趣味の域を超えのちに「業」へと発展していきます。

事前のインタビューでは、「味の魚住」のこだわりや撤退を決断するまでの苦悩、またユリシーズ展開前の挫折についてなど、長時間お話しを聞くことができました。今回の報告ではユリシーズへの思いを中心に構成していただき、参加者がブランディングやファン獲得へのヒントを持ち帰っていただける内容だったと感じました。

ご自身の価値観を信じ、その価値観に妥協しない製品を世に出す、そしてその製品が支持されるストーリーは氏の饒舌な語り方と実績により、とても心地の良いものでした。

今回は、オフィスのある「はかた近代ビル」の1階貸会議室で開催したことで、オフィスの見学→報告→地下飲食街で懇親会と移動時間が無いことで、結果活発な質疑応答も時間いっぱいまで行うことができました。

当ブログではご参加いただけなかった会員さんのために、報告時に使われた資料の一部を画像にて添付することを魚住謙介氏より承諾いただきましたのでアップさせて頂きます。
CIMG0076CIMG0088
CIMG0100CIMG0103

 

CIMG0107CIMG0109

 

CIMG0130CIMG0132

 

CIMG0135CIMG0136

 

CIMG0155CIMG0164

 

CIMG0165CIMG0170